自動更新について

レンタルサーバアカウントおよび独自ドメインは自動更新をすることができます。自動更新設定を有効にすると、更新手続きの手間を省くことができ、また更新忘れを予防することができます。

クレジットカード情報の登録・修正・削除

自動更新を開始する場合は、ADAM管理パネルの「自動更新設定」にアクセスしてください。お支払いに使用するクレジットカード情報が登録されていない場合は、入力フォームが表示されますので、カード情報を登録してください。

カード情報が登録されている場合は、カード情報の右にある修正削除ボタンから、カード情報の修正や削除をすることができます。

自動更新設定

自動更新の開始

自動更新を開始する場合は、ADAM管理パネルの「自動更新設定」で、アカウント名/ドメイン名の右にある設定ボタンを押してお手続きをしてください。

レンタルサーバアカウントの支払周期は1,3,6,12ヶ月から選択することができます。ドメインの支払周期は1年のみです。

次のいずれかに該当する場合は、自動更新を開始することができません。

  • クレジットカード情報を登録していない。
  • 次の支払日を過ぎている。

自動更新の解除

自動更新を解除する場合は、ADAM管理パネルの「自動更新設定」で、アカウント名/ドメイン名の右にある設定ボタンを押してお手続きをしてください。

上記の手続きをしない場合でも、次のいずれかの場合に自動更新は解除されます。

  • クレジットカード情報を削除した。
  • 自動更新の際に、クレジットカード決済に失敗した。
  • レンタルサーバアカウントのプラン変更手続きをした。
  • レンタルサーバアカウントの解約手続きをした。
  • ドメインの削除(廃止/他事業者ヘの移管)をした。

自動更新の支払日

自動更新をする場合の支払日は、「自動更新設定」の「次の支払日」欄に記載されています。

レンタルサーバアカウントは、契約終了月の27日が支払日です。

ドメインは、有効期限の30日前が支払日です。ただし30日前の日付が29,30,31日になる場合は、28日が支払日です。