ADAMメール管理パネルは、ウェブブラウザでメールアカウントの管理を行うためのツールです。

ログイン・ログアウト

ADAMメール管理パネルにログインするには、メールアカウント(メールアドレス)とメールパスワードを入力してログインボタンを押します。

postmaster でログインすると、そのドメイン全体の管理画面に入ります。postmaster以外の一般アカウントでログインすると、そのアカウントの管理画面に入ります。

ご利用を終えたら、右上メニューのログアウトでログアウトしてください。なお、一定時間操作をしなかった場合は、自動的にログアウトします。

postmaster のパスワードがわからない場合は、ADAM管理パネルの「メールパスワード変更」で再設定することができます。一般アカウントのパスワードは、ADAMメール管理パネルに postmaster でログインして変更することができます。

POPアカウント

POPアカウント一覧

postmaster はそのドメイン下に作成されたPOPアカウントの一覧を見ることができます。

POPアカウント追加

postmaster はそのドメイン下にPOPアカウントを作成することができます。

POPアカウントを作成するには、POPアカウント追加画面でメールアドレスを入力してPOPアカウントを追加するボタンを押します。

設定項目説明
メールアドレス
  • メールアドレス全体の長さは256文字以内でなければならない
  • メールアドレスのローカルパート(@の左側)は次の条件を満たさなければならない
    • 文字数は1-64
    • 使用可能な文字は、英小文字a-z、数字0-9、ハイフン、アンダースコア_、ドット.
    • 先頭と末尾に記号_.を使用してはならない
    • ドット.は2つ以上連続してはならない

一般アカウントでログインした場合は、自分のアカウントの詳細を見ることができます。

POPアカウント修正

postmaster はそのドメイン下のすべてのPOPアカウントを修正することができます。一般アカウントは自分のアカウントのみを修正することができます。

postmasterがPOPアカウントを修正するには、POPアカウント一覧の修正ボタンを押します。

設定項目説明
メモ
  • アカウントの説明などを自由に記入してください。
配送
  • POPアカウントとして使用する場合は「メールボックスに配送する」を有効にします
  • 転送メールとして使用する場合は「転送する」を有効にして、転送先メールアドレスを入力します
  • 転送先メールアドレスはカンマ,で区切って10個まで指定可能
  • 転送し、なおかつメールボックスにも保存する場合は両方を有効にします
自動応答
  • 受信メールに自動応答する場合は「自動応答する」を有効にして、自動応答メールの件名と本文を入力します
利用停止
  • メールアカウントを一時的に停止する場合は「利用停止する」を有効にします
  • 利用停止中のアカウントでメールの送受信をすることはできませんが、管理パネルへのログインは可能です

パスワード変更

postmaster はそのドメイン下のすべてのPOPアカウントのメールパスワードを変更することができます。一般アカウントは自分のアカウントのメールパスワードを変更することができます。

設定項目説明
メールパスワード
  • 文字数は9-128です
  • 使用可能な文字は、英小文字a-z、英大文字A-Z、数字0-9、および記号!#$%&()*+,./:;<=>?@[\]^_`{|}~半角spaceです
  • メールアドレスに似た文字列は使用できません
  • 強度チェッカで「とても弱い」または「弱い」と判定された文字列は使用できません

フィルタ

POPアカウントの受信メールにフィルタをかけることができます。フィルタを設定すると条件に応じてメールを処理することができます。

フィルタはメールボックスに配送するメールに適用されます。転送するメールには適用されませんのでご注意ください。

フィルタを追加するには、POPアカウント詳細画面のフィルタの追加ボタンを押します。フィルタを削除するには、フィルタの右上の削除ボタンを押します。

設定項目説明
フィルタ名フィルタに任意の名前をつけます。
条件フィルタを適用する条件を指定します。 

すべての受信メール
すべての受信メールにフィルタを適用します。
差出人のアドレス
メールヘッダ From のメールアドレス部分を指定します。
宛先のアドレス
メールヘッダ To のメールアドレス部分を指定します。
ヘッダ
特定のメールヘッダの値を指定します。ヘッダ名はコロン:を含めずに入力します。ヘッダ名およびその値は大文字小文字を区別しません。
本文
本文に含まれる文字列を指定します。
動作条件に一致したメールをどのように処理するかを指定します。1つのフィルタにつき最大10個の動作を設定することができます。 

メールボックスに配送する
メールボックスに配送します。
転送する
メールボックスにメールを残さずに転送します。
コピーを転送する
メールボックスにメールを残して転送します。
フォルダに移動する
サーバ上の任意のフォルダに振り分けます。IMAPで受信する場合のみ使用できます。
返信する
指定した件名と本文で返信をします。
拒否する
差出人にエラーコードおよびメッセージを返し、メールの受信を拒否します。
削除する
差出人に知らせずに、受信メールを削除します。
既読にする
受信メールを既読にします。IMAPで受信する場合のみ使用できます。
フラグをつける
受信メールにフラグをつけます。IMAPで受信する場合のみ使用できます。

迷惑メールに対して動作「拒否する」を使用しないでください。迷惑メールの差出人アドレスが正しい場合、受信アドレスが実在することを教えてしまうことになります。差出人アドレスが偽装されていた場合、無関係の第三者に通知が送られてしまいます。

1つのPOPアカウントに10個までフィルタを設定することができます。複数のフィルタを設定した場合、上から順に評価されいずれかのフィルタが実行された時点で評価を終了します。フィルタの順序はフィルタ名順にソートされますので、任意の順に並べたい場合はフィルタ名に番号を振る等してください。

設定例 迷惑メールを振り分ける

メールフィルタの設定例

設定例 すべての受信メールに返信し転送する

メールフィルタの設定例

POPアカウント削除

postmaster はそのドメイン下のPOPアカウントを削除することができます。ただし、 postmaster を削除することはできません。

POPアカウントを削除するには、POPアカウント一覧で削除ボタンを押します。

転送アカウント

転送アカウント一覧

postmaster はそのドメイン下に作成された転送アカウントの一覧を見ることができます。

転送アカウント追加

postmaster はそのドメイン下に転送アカウントを作成することができます。

転送アカウントを作成するには、転送アカウント追加画面でメールアドレス転送先メールアドレスを入力して転送アカウントを追加するボタンを押します。

設定項目説明
メールアドレス
  • メールアドレス全体の長さは256文字以内でなければならない
  • メールアドレスのローカルパート(@の左側)は次の条件を満たさなければならない
    • 文字数は1-64
    • 使用可能な文字は、英小文字a-z、数字0-9、ハイフン、アンダースコア_、ドット.
    • 先頭と末尾に記号_.を使用してはならない
    • ドット.は2つ以上連続してはならない
転送先メールアドレス転送先メールアドレスはカンマ,で区切って10個まで指定できます。

転送アカウント修正

postmaster はそのドメイン下の転送アカウントを修正することができます。

転送アカウントを修正するには、転送アカウント一覧画面の修正ボタンを押します。

設定項目説明
転送先メールアドレス転送先メールアドレスはカンマ,で区切って10個まで指定できます。
自動応答受信メールに自動応答する場合は「自動応答する」にチェックを入れ自動応答メールの件名と本文を入力します。
利用停止メールアカウントを一時的に利用しない場合は「利用停止する」にチェックを入れます。

転送アカウント削除

postmaster はそのドメイン下のすべての転送アカウントを削除することができます。

転送アカウントを削除するには、転送アカウント一覧画面の削除ボタンを押します。

その他

キャッチオール

ドメインに対してキャッチオール(CatchAll)を設定することができます。キャッチオールとは、POPアカウントや転送アカウントとして作成されていないすべてのメールアドレス宛てのメールを受信する機能のことです。

キャッチオール機能を有効にした場合、大量の迷惑メールを受信する可能性があることにご注意ください。

操作ログ

ADAMメール管理パネルの操作履歴を確認します。