PHPのバージョン

現在ご利用になれるPHPのバージョンは 5.6 / 7.0 / 7.1 / 7.2 です。ADAM管理パネルで PHP のバージョンを切り替えることができます。

PHPプログラムの設置場所と拡張子

PHP プログラムは、ディレクトリ public_html 下のどのディレクトリに設置しても動作します。また、拡張子が .php または .phtml のいずれかのファイルが PHPプログラムとして扱われます。PHPプログラムの拡張子はADAM管理パネルで変更することができます。

PHPプログラムのパーミッション

パーミッションとは、ファイルやディレクトリに対するアクセス権のことです。誰に対して読み/書き/実行の権限を与えるかを設定するものです。PHP プログラムに関連するファイルの推奨パーミッションは次の通りです。

ファイルの種類 説明 推奨パーミッション
実行ファイル ウェブブラウザから直接アクセスされるファイル 600 (rw- --- ---)
データファイル PHP プログラムがデータを読み書きするファイル 600 (rw- --- ---)
ディレクトリ 実行ファイルやデータファイルが入っているディレクトリ 705 (rwx --- r-x)

PHPの設定ファイル

PHPの設定を変更する場合は、 .user.ini という名前のファイルに PHP の設定を記述して設置します。設置したディレクトリとその下位のディレクトリで設定が有効になります。 .user.ini は5分おきに読み込まれますので、すぐに設定が反映されない場合があります。

.user.ini の記述例

FastCGI

当サービスの PHP は FastCGI に対応し、高速に動作します。

FastCGI とは、一度起動したCGIプログラムのプロセスをメモリ上に保持することで起動と終了にかかる時間を削減し、プログラムの動作速度を向上させる仕組みです。