1 事前の準備

ファイルをサーバにアップロードする時にFTPを使用します。FTPクライアントソフトの設定を済ませておいてください。 FTPクライアントソフトの設定

データベースとして MySQL を使用します。はじめて利用する場合は、ADAM管理パネルのMySQL利用開始申請で利用開始の手続きをしてください。

2 パッケージのダウンロード

WordPress 日本語ローカルサイトで WordPress のパッケージをダウンロードし、圧縮ファイルを展開します。

wordpress という名前のフォルダの中に WordPress の構成ファイルが入っていることを確認してください。

3 ファイルのアップロード

ウェブサイトのどのディレクトリに WordPress を設置するか決めてください。今回は http://example.com/blog/ に設置します。サーバ上のディレクトリ /home/username/public_html/blog にパソコン上のフォルダ wordpress の中身をアップロードします。

4 インストールスクリプトの実行

インストールディレクトリ下の /wp-admin/install.php にウェブブラウザでアクセスします。例えば blog というサブディレクトリに設置した場合は http://example.com/blog/wp-admin/install.php にアクセスします。

設定ファイルを作成する画面が表示されますのでさあ、始めましょう!ボタンを押します。

次の画面でデータベース名ユーザー名パスワードを入力します。データベースのホスト名localhost のままで結構です。テーブル接頭辞は作成されるテーブル名の先頭に付加する文字列です。セキュリティ強化のため、初期値の wp_ 以外に変更することを強くおすすめします。

入力が済んだら送信ボタンを押します。

次の画面でインストール実行ボタンを押します。

サイトのタイトルユーザー名パスワードメールアドレスを入力します。ユーザー名admin 等のよく使われる文字列を使用しないことを強くおすすめします。

入力が済んだらWordPress をインストールボタンを押します。

5 管理画面へのログイン

インストールに成功するとログインフォームが表示されます。先ほど設定したユーザー名パスワードで管理画面にログインしてください。

6 パーミッションの修正

以上の手順で WordPress は動作しますが、セキュリティの強化のために設定ファイルのパーミッションを修正します。FTP で接続して、 WordPress をインストールしたディレクトリにある wp-config.php のパーミッションを 600 に変更してください。